三峰神社

秩父に来た時は、秩父神社様と八大龍王宮様にも御参拝させて頂くのですが、
秩父神社様で御参拝が終わり帰る時、親子三人が神門をくぐって来て、門をくぐった瞬間、
小学生のお兄ちゃんがまるで仙人様の様な口調で「いい空気だわなぁ~」と・・・
「おおっ!分かるんかい!!スゲーな!!!」と笑ってしまいました。 \(◎o◎)/!

4歳になる甥っ子もそうですが、子供の発想や言葉に大笑いをしたり、
「ドキッ」とさせられますね。子供は天使だと思います。

雲一つ無い晴天と暑い位の陽気の中、「御神氣」を授かりに御参拝させて頂きました。

IMG_1162 IMG_1151 IMG_1153 IMG_1154
駐車場も満杯で、正月に来た時より多くの方が来られていて
御拝殿迄ズラッーと並んでいました。(>_<)

IMG_1159 IMG_1155
御本殿と御神木。
御神木の入ったお守りを授かりました。

IMG_1157 IMG_1156
御縁を授かりたい大御神様です!

IMG_1158
三峯神社様の御眷属、大口真神様(お使い神、お犬様)のお宮です。
御眷属様は深い山中に身を潜められている為、ここを仮のお宮としてお祭りを行うので
「お仮屋」と呼んでいるそうです。
今回初めて知り(失礼な話です・・・)、御参拝させて頂きました。

IMG_1161
遥拝殿より奥宮様を遥拝致しました。

かなり長い時間、ゆったりと過ごさせて頂き、「御神氣」も一杯授かりました。
この後啓示も授かり、有難く存じます。拝

道徳経 第三十八章

 dfgutr

道 徳 経
~道家武当龍門派 武保門保健医療気功~

上徳は徳とせず、是を以て徳有り
(じょうとく は とく とせず、ここ を もって とく あり)

慈悲の心を持つ人は、慈悲の心を持つと思わないからこそ、慈悲の心を持つ

 慈悲の心を持つ人は、慈悲の心を持つと思わないからこそ、慈悲の心を持つ
人の為に行動を積み重ねる事は徳と言え、道(タオ)の道を敷く為の素材とも言えます。

徳の高い人は、人の為の行動を当たり前の様に思っているので、徳を自慢しません。
ですから徳があります。

徳の低い人は、自分の為に計算して生き、
人の為にする事も何かの理由と訳があって行動するので、徳がありません。

友愛を持つ人は、人の為の行動を当たり前の様に何も考えずに行動します。
正義を持つ人はいつも正義を守る為の行動をします。
最も礼儀を持つ人は、従わない人を引っ張って、従わせようとします。

ですから、道(タオ)が失われると、徳に従うようになり、
徳が失われると、友情や友愛に従うようになり、
友情や友愛が失われると、正義を持つようになり、
正義が失われると、礼儀に従うようになりました。
礼儀は正義を失うことで、表面的になり、無秩序の第一歩になります。

道(タオ)の道に従う人は、人に対して必ず温かさ、誠意、寛容、情けの深さを持ち、
物事の内面的な魅力と素晴らしさを求め、表面の美しさに関心を持ちません。
ですから、全てにおいて必要の無いものは外し、本当に必要なものだけを持ちます。

道家武当龍門派 武保門保健医療気功 氣法師 細川 昂佑

気功教室案内(P.C専用)

お彼岸

浅草寺様に御回向をして参りました。

お彼岸は、御先祖様を供養し、自然の恵みに感謝し、
善行を積む誓いを改めて心に思い起こさせる行事です。

私達は御先祖様の誰一人でも欠けていたら、生まれていないです。
これは奇跡に近い事だと思います。

今までは余りこう言う事は考え無かったですが、
師と出会い、学び、気付きを授かりました。

人は生きているのでは無く、生かして頂いている。
師の言葉、「感謝に始まり、感謝に終わる。」
本当にその通りですね・・・・

御回向の後、久々にお弟子さんの店に行きました。
色んなお店から依頼があり、コラボで作品の出展や
自身の展示会に向けて忙しくしていました。

頑張っている姿を見るのは、嬉しいですね。
話し込んで長居をしてしまいましたが、楽しい一時を過ごさせて頂きました。 拝。

IMG_5199 IMG_5193 IMG_5196
不思議な形をした雲が空一面に出ていました。

聖天宮

今月は三清道祖様の一神、霊宝天尊様の生誕月ですので、
御挨拶に参りました。

以前、御参拝させて頂いた時、今までと違う「御神氣」(7/19付参照)を感じ、
今回はどうだろう、と楽しみでもありました。

「御神氣」は前回と同じく、強く、重厚でした。

これは私の「氣」を感じる力が強くなったと思われます。
御陰様を頂けたと思います。

もっともっと精進して「氣の力」を強くし、
その力が患者様の役に立てる様、頑張ってまいります。 感謝。

IMG_5190

感謝

最終日。
もう一つの目的の伏見稲荷大社様へ御参拝し、
正講員の御縁を授かりました。貴船神社様に続いて2つ目です。
この後、貴船様へ正式参拝と「御神水」を授かりました。

今回御参拝させて頂きました神社・仏閣様は、
一の宮・総鎮守・総本社と言う格式の高い所ばかりで、
爽やかではあるけれど、凛とした厳かな「御神氣」でした。
そのお陰様で1300㎞も走破したにもかかわらず、殆んど疲れがありませんでした。

最近の私が授かる言葉は、「動け!動け!」と、兎に角「行動」を示唆されます。
「行」を修めて「修行」になります。

「氣」の力を高める為には「何をすれば良いのだろう」と日々悩みます。
「最近の細川は、神社・仏閣巡りばかりしてどうしたんだろう」と思われる、
お弟子さんや患者さんもおられるかも知れません。
これだけは申し上げますね。悪い宗教に入信した訳ではありませんから、御心配なく!(^o^)

自分の決めた道・世界に入った後、「合わないから、やめる。やらない。」は間違っています。
「合わないから・・・ではなく、自分が合わせる」のです。
それが出来ないのは、「覚悟」が出来ていない事だと思います。

目に見えない世界に携わっているだけに、人に教わって出来るものではないし、
「何をこれだけすれば良い」と言うものもありません。
だからこそ、「神仏様の氣を授かる」「気功の練習をする」その他色々、
自分が良いと感じる事は全て行っています。

今、私の行っている事が正解かどうかは分かりません。
ただ、頭で考えているだけでは、答が出ない事だけは分かっています。

とことん突き詰めていけば、必ず答を頂ける、そう信じています。
そして得た「力」が人のお役に立てるのであれば最高です。

「希望があるから動ける。ではなく、
動くから希望が見えてくる」そう思います。

もう一つ、関係ないかもしれませんが、心に残った言葉を。
「雑用と言う用は無い。用を雑にするから雑用になる。」

何をするにも心を込めて行う。
感謝の気持ちを持って精進致します。拝

__

—————————————————————————————————
お・ま・け
d
帰り、大津S.Aで食事をしました。
ライスが琵琶湖の形をしていました。(^○^)

法隆寺

田舎がすぐ近くですので、上京する迄はよく行っていました。
30年以上振りの御参拝になりました。
法隆寺は、聖徳太子ゆかりの世界最古の木造建築として広く知られています。

__ 1
__ 3 __ 2 __ 4 dfgd _hjdhj thfgh

中は一切撮影禁止なので紹介出来ないのが残念です。
拝観料が必要でどちらかと言えば観光の名所と言う感じですが、
祀られている仏様は本当に素晴らしく感動です。
他の神社・仏閣様もそうですが、何千年も変わる事無く、あり続ける・・・
物凄い事だと思います。合掌。

法隆寺案内

橿原神宮

幼少の頃連れて行ってもらった記憶があるだけで殆んど覚えていません。
この世界に携わり、改めて御参拝させて頂きたいと思い、御縁を授かりに参りました。

初代天皇であると伝えられる神武天皇様が、橿原宮で即位したと言う「日本書紀」の記述に
基づき、明治23年(1890)に建てられましたそうです。
御祭神は神武天皇様とその皇后・媛蹈韛五十鈴媛様です。

__ 1 __ 2 __ 4 5
表参道と南神門。

6 8
外拝殿。

広い!とにかく広い!!今まで色々な神社・仏閣様に御参拝させて頂きましたが、
これ程の広大さは初めてです!
調べた所、神社様全体では約50万㎡あるそうです。 想像がつかない・・・^_^;

11 10
外拝殿の横側と内拝殿。

灯篭が浮いている感じで、気に入っています。
何とも言えない爽やかさと、厳かな「御神氣」で凄く気持ちが良かったです。

橿原神宮案内

天河大弁財天社

今回の目的の一つ、御縁を授かりに御参拝させて頂きました。
天河様は日本五大弁財天の一柱様です。
私は弁財天様とは御縁が深く、五大弁財天様のうち四柱様と関係があります。
石巻の黄金山神社様とは御縁を授かっていませんが、近いうちに必ずと思っています。

天河様は「神が人を選ぶ」と言われ、
許可を得た者しか辿り着けないと言われているそうです。
呼んで頂いたので大丈夫とは思っていましたが、着く迄は「ドキドキ」でした。

__ 1 __ 2 __ 3 __ 4 tyjd
御拝殿。

何とも言えぬ素晴らしさです。!

ydfgh stgf
有名な五十鈴。

五十鈴のキーホルダーを授かりました。

jdjg
かすかに見える御本殿。

fhjghj
五社殿。

龍神大神様・大将軍大神様・天照大御神様・天神大神様・大地主大神様が祀られています。

fdfh
天石。

四つの天から降った石があり、三つが境内にあるそうです。

こじんまりとした神社様ですが、その分「ギュッ」と濃縮された感じです。
ずっと御参拝させて頂きたかったので、本当に嬉しいです。 感謝。

天河大弁財天社案内

田村神社

椿様の後、師とお会いする予定でしたが、
師より「田村神社様に御参拝する様に」との指示があり、
初めて御縁を授かりに御参拝させて頂きました。

uifyi iuyti__ 1__ 2
御拝殿。

御本殿とかなり離れた手前にあり、最初は違う御祭神様のお社だと思いました。

__ 4
厄落とし太鼓橋。

ここから歳の数だけの豆を投げ、川に流すと厄除けになるそうです。

__ 3 ytdtyu
田村川。

伊勢神宮様の五十鈴川を思い出しました。綺麗な川です。
昔はここで禊をされたのでしょうね。

utyutyu
御本殿。

暖かいながらもピリっとした「御神氣」を頂きました。

fyh
御参拝を終えて、見えた不思議な形の雲。

この後、師とお会いし色々とお教えを授かり、一日目が終わりました。

田村神社案内